読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Metonymical Deflection

ゆるく日々のコト・たまにITインフラ

想うところ

前回の記事について、オレの想うところをちょっと書いておきます。

とある模擬問題集にこんなことが書いてあった。
「VMWareServer2では、VLANに未対応である。」
メーカとしては未サポートという意味だと思う。


しかし実際はホストOSであるLinux上で、
前回の記事に記載した設定を投入すれば、
ゲストOSから物理スイッチへのトラフィックに対して、
VLANタグを付けて送信することが可能となる。


っていうか、今後はVMWareに限らず、

LinuxでVLAN Interfaceが作成可能」*1
LinuxでTrunkが可能」

といったことを「常識」にしていきたいと考えている。


別な言い方をするならば、今後は

「サーバってTrunkできるんっすか?」
と言ってしまうようなNWエンジニアは要らない。

っていう時代が来るだろうと勝手にワクワクしている。


仮想化が普及した結果、
サーバ、ストレージ、ネットワークの垣根が無くなった。(あえて過去形で書いてみるw)


大変喜ばしいことであると同時に
次にすべきことをしっかりやっていこうと思う。

*1:Deviceが限定されるけど、Windowsでも作成可能なので、別途記載する予定。