読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Metonymical Deflection

ゆるく日々のコト・たまにITインフラ

考えること

設計をしてて思ったことなんだけど、
人は「考えること」をやめたらダメだなって気がした。


意図的にかつ一時的にやめるのではなく、
そもそも「何も考えちゃいねぇだろ?」とか、
「思いつきで言ってるだろ?」などと
といった状態になると、厳しいと思う。


なぜなら、生きる屍と大差ないから。


何も考えなくても良いって状態は、かなりというか相当「楽な状態」だと思う。


しかし、そこには「己」というモノが欠落していると思う。


自分の意にそぐわないことであっても、「考えること」はやめちゃいかんと思った。


設計者である以上、責任は伴う。


責任を全うするためにも、「考えること」はやめてはいけない。


考えていないと、「なぜなら」が出てこないし、
「なぜなら」の内容が浅くなってしまうから。


それとね、考えてないヤツの言動が徐々に見抜けるようになってきた。
気がしてるw


今はまだ、反射的に切り返す域までは達していないものの、
一呼吸置くと、大体わかるようになってきた。


それには、やっぱり自身が「考えている」からこそなんだと思ってる。


「私はこう考えている。なぜなら、、、」の後に
出てくる内容の深さで、ある程度の決着は付く。


当然、そこには自分が思いもよらなかった視点や観点からの考え方を
素直に理解しようとする努力がなければいけないけどね。


そこまで加味して設計が完遂できたなら、
恐らく80点くらいの評価を頂いても良いのでは?
と甘っちょろい戯言で締めくくろう。