読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Metonymical Deflection

ゆるく日々のコト・たまにITインフラ

今週のお題「2011年、私の3大ニュース」

以前のお題だけど書いてみる。


3大ニュースを拡大して、オレの10大ニュース

  1. Traditional Networkからの決別
  2. 大学合格
  3. 退職
  4. OSC2011Tokyo/Fall自宅SAN友の会セミナー登壇
  5. 新人君独り立ち
  6. 設計書作成
  7. 震災時に正常稼働したNW
  8. クラウドNW構築
  9. 車購入
  10. NewPC購入


以下、降順でコメントw


10.NewPC購入

4年ぶりにメインマシンをリプレースした。
うっとりするほどの速さで快調に稼働中。
Mem16GBなんて良い時代になったなぁと感慨深い。
これに加えて同じくMem16GBのML110G6*2台ゲットできたのは嬉しかったw

9.車購入

8年ぶりに車を買い替えた。
これで3代目。
初代スプリンターがアニキに破壊され(事故られて廃車)、
2代目は仕方なくノーマルカローラだったので、
今回のランクスはちょっとお気に入りだったりするw

8.クラウドNW構築

今年これほど愉しいと思った仕事は無いかな。
とある企業のテナント用クラウド構築Pjに参加
オレをアサインしてくれた上司に感謝w


顧客や上司から評価して頂いたことは大きな自信に繋がった。
それとオレが思い描いていた通りの人的リソースが
要求されたことについて「してやったりw」と思った。

7.震災時に正常稼働したNW

震災時において自身が手掛けたNWが正常稼働してくれたこと。
嬉しいという気持ちではなく、とても大きな責任を感じた。


情報通信分野に従事する人間として、
「いかなる状況下でも適切に情報伝達するためのNWを構築する」
という仕事において、責任の重大さを改めて痛感した。

6.設計書作成

自分の集大成とも言える設計書の作成ができたかなぁ、と考えている。


熟考した設計思想に基づき設計していくことにより、
どのような圧力をも(特にレイヤ8の政治とか)、
跳ね飛ばすだけの力があることを証明できた。


加えて「設計学」という学問があるんだけど、
自分なりの設計学の基礎というか、キッカケができたと思う。

5.新人君独り立ち

「独り立ちさせることができた。」
嘘です。ごめんなさい。
「独り立ちせざるえない状況に追い込んだ。」
というのが正確な表現かな(^^;


たぶん今日明日くらいが最大の山場だと想定しているんだけど、
きっと「現場で絶対必要な人」として活躍していると期待しています。

4.OSC2011Tokyo/Fall自宅SAN友の会セミナー登壇

@smzkstsさんに多謝w


大変良い経験をさせて頂いた。
それと同時に多くの方々にお会いすることができたことも
これからの自分にとって大変有意義なことだったと思う。


そう言えば発表資料のアップ先をBlogに載せ忘れていた。
ツイッターでは呟いたんだけど(^^;
こちらです。「Open-FCoEのすゝめ」

3.退職

派遣と正社員と計6年間勤務した会社を退職した。
後ろ向きな考えや要素は全く無い。
「退職=新たな一歩」という認識。


会社やお世話になった多くの方々には、
ただただ感謝の一言に尽きる。


右も左もわからなかったオレをやる気と情熱だけで雇ってくれた上、
一人前のエンジニアとして育てて頂いたことにより、
大きく飛躍することができたんだ、と大変感謝している。

2.大学合格

最初はITスクールから始まって、専門学校→大学といった具合に
少々欲を出してしまい最初はダメかなぁと思っていた。
けれど、一度やると決めたので真剣に頑張ってみたところ、
現在に至るという感じで正直なところ自分でも驚いた。


ただ、今は大学生としての自分の姿が
明確にイメージできるようになってきたので、
シビアに現実を直視しながらやっていくだけ。


「やりたいこと」ありきで、学部、学科、研究室、研究分野をサーチし、
学費、場所、通学時間なども考慮の末に決めていったから、
予想以上に時間は掛かったけれど、後悔しない大学選びは出来ているハズ。


それに、これからが本当の勝負。
たぶん、最初の1年目くらいは「やっつけられちゃうこと」や
「悔しい思いをすること」も多々あるだろうけど、
「牛の尻尾にしがみつく気持ちでゼロから頑張っていこう」と思ってる。

1.Traditional Networkからの決別

2011/6/16のBlogに記載した通りなんだけど、
やっぱりこれが全てのキッカケだと思う。


NWに限らず、色々な意味で「Traditionalなモノとの決別」だと考えている。


年初のBlogはその布石というか伏線だったと思うし、
その結果が今の自分だと思う。


「愉しいことは、必ずしもやりたいこととは限らない。」と
自分で書いておいてなんだけど、今もそう思っている。


恐らく今まで生きてきた中でも、相当大きな賭けに出ていると思う。
但し、丁半博打ではなく今まで積み重ねてきたモノが必然性を伴って
「オレがオレ自身に選択させたのだ」と考えている。


正直なことを言えば、今でも時々とてつもない不安に苛まれることがある。
 『自分の選択は本当に正しかったんだろうか?』


そんなときは自分にこう言い聞かせる。
 『その選択の正しさを証明できるのは、オレだけだろ!』