読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Metonymical Deflection

ゆるく日々のコト・たまにITインフラ

How to FCoE FCoE Target & FCoE Initiator

Fedora13によるFCoE Target & FCoE Initiatorのセットアップ手順です。
近頃、Intelから正式発表があった「Open FCoE」を使用した具体的なセットアップ手順となります。


正式発表資料では、Intel X520(82599チップ)のみを謳っています。
しかし、個人購入するには少々高額(6万円程度)です。


このため、本手順ではIntel EXPI9301CT(82574Lチップ:実売4000円以下)を使用します。
また、Dell Optiplex 755のOn Borad NIC(82566DM-2チップ)でも動作確認済みです。


従って、e1000系ドライバで動作するIntelNICであれば、概ね動作すると考えて良いと思います。


なお、本手順は以前のBlog自宅SAN友の会にも同内容をアップ済みですが、
正式発表後のTwitter件数などを鑑みて、こちらのBlogにも改めて書きたいと思います。


それでは行ってみよう!


Hardware構成

FCoE Target
デバイス 型番など
筐体 ML115G5
CPU AMD Phenom X4 9350e
Mem W2U800CQ-2GL5J*2(こんなに積まなくてもOK)
HDD ST3160023AS OS起動用(SATAなら何でもOKなハズ)
HDD ST3500320NS Target用(SATAなら何でもOKなハズ)
HBA 不要
NIC intel EXPI9301CT(増設)
OS Fedora13 x86 or Fedora13 x86_64(64bit版もOK)
Kernel 2.6.35


NICは以下の用途で使用
 ML115G5のDefaultNIC(Broadcom)をIP通信用
 intel EXPI9301CT(増設)をFCoE用

FCoE Initiator
デバイス 型番など
筐体 ML115G5
CPU AMD Phenom X4 9350e
Mem W2U800CQ-2GL5J*2(こんなに積まなくてもOK)
HDD ST3160023AS(SATAなら何でもOKなハズ)
HBA 不要
NIC intel EXPI9301CT(増設)
OS Fedora13 x86 or Fedora13 x86_64(64bit版もOK)
Kernel Fedora13からDefaultでインストールされるモノでOK

接続構成

FCoE TargetとInitiatorは、EXPI9301CT同士でDAS(直結)構成としてください。
筐体(ML115G5)のDefaultNICはIP疎通性があれば接続方法は何でもOKです。
NIC2枚挿しが厳しければ、シリアルコンソール接続設定を参照。


OSインストール

TargetもInitiatorも同じです。
Fedora13 x86のインストールパッケージのカスタマイズ

<デスクトップ環境>

  全てOFF(GNOME,KDEも使わない)

<アプリケーション>

  エディタ→vim-enhancedのみ

<開発>

  開発ツール
  開発ライブラリ

<サーバー>

  Samba
   ※
   Mustではありません。
   TeraTermをWinXPで動作させている関係で、ファイルのやり取りをCIFSでやりたかっただけです。

<ベースシステム>

  ベースのみ

<仮想化,クラスタリング,クラスタストレージ>

  全てOFF

1.事前準備

1-1.KernelSrcのDL
cd /usr/src
wget ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/kernel/linux/kernel/v2.6/linux-2.6.35.tar.gz
tar zxvf linux-2.6.35.tar.gz
ln -s /usr/src/linux-2.6.35 linux
ln -s /usr/src/linux-2.6.35 kernel
1-2.SCSTのSrcDL
cd /usr/src
svn co https://scst.svn.sourceforge.net/svnroot/scst/branches/2.0.0.x
mkdir scst
ln -s /usr/src/2.0.0.x /usr/src/scst/trunk

!コメント1!
2011/11/04に修正
最新版のscst(2.1.0.x系)をDLしてしまうと、
正常に動作しない場合があるので、lnしました。
これやらないと、永遠にKernelのBuildをやり直さなければならず、
心がへし折れそうになると思うので修正しました。

2.各種パッチ当て

2-1.SCSTのパッチ当て
cp /usr/src/scst/trunk/scst/kernel/scst_exec_req_fifo-2.6.35.patch /usr/src
patch -p0 < scst_exec_req_fifo-2.6.35.patch
2-2.FCSTのパッチ当て

変数定義

KERNEL=linux-2.6.35
KDIR=/usr/src/$KERNEL
PDIR=/usr/src/scst/trunk/fcst/linux-patches


パッチ当て

cd $PDIR

for patch in `grep -v '^#' series-2.6.35`

do
(cd $KDIR; patch -p1) < $patch
done

cd /usr/src/

3.KernelのBuild

3-1.Linux KernelのMakefile設定
cd /usr/src/linux-2.6.35
make menuconfig

!コメント1!
基本的に変更する箇所はありませんので、
以下に記載する項目を確認していくという作業になります。
なお、SCST+qla2x00tgtによるFC Targetインストール時*1と同様に
32bit版のみHigh Memory Supportの項目をOffにします。

!コメント2!
以下のメッセージが表示された場合は
ターミナル(TeraTermなど)の画面サイズが小さ過ぎます。

Your display is too small to run Menuconfig!
It must be at least 19 lines by 80 columns.
make[1]: *** [menuconfig] エラー 1
make: *** [menuconfig] エラー 2


『make menuconfig』コマンドを打つと以下のような画面が表示されるので、
ここからカーソルキーを使用して各項目を選択し確認していきます。

# make menuconfig

  HOSTCC  scripts/basic/fixdep
  HOSTCC  scripts/basic/docproc
  HOSTCC  scripts/basic/hash
  HOSTCC  scripts/kconfig/conf.o
  HOSTCC  scripts/kconfig/kxgettext.o
  HOSTCC  scripts/kconfig/lxdialog/checklist.o
  HOSTCC  scripts/kconfig/lxdialog/inputbox.o
  HOSTCC  scripts/kconfig/lxdialog/menubox.o
  HOSTCC  scripts/kconfig/lxdialog/textbox.o
  HOSTCC  scripts/kconfig/lxdialog/util.o
  HOSTCC  scripts/kconfig/lxdialog/yesno.o
  HOSTCC  scripts/kconfig/mconf.o
  SHIPPED scripts/kconfig/zconf.tab.c
  SHIPPED scripts/kconfig/lex.zconf.c
  SHIPPED scripts/kconfig/zconf.hash.c
  HOSTCC  scripts/kconfig/zconf.tab.o
  HOSTLD  scripts/kconfig/mconf
scripts/kconfig/mconf arch/x86/Kconfig
#
# using defaults found in /boot/config-2.6.33.3-85.fc13.x86_64
#
/boot/config-2.6.33.3-85.fc13.x86_64:569:warning: symbol value 'm' invalid for PCCARD_NONSTATIC
/boot/config-2.6.33.3-85.fc13.x86_64:1952:warning: symbol value 'm' invalid for RT2800PCI_PCI
/boot/config-2.6.33.3-85.fc13.x86_64:2744:warning: symbol value 'm' invalid for MFD_WM8350
/boot/config-2.6.33.3-85.fc13.x86_64:2745:warning: symbol value 'm' invalid for MFD_WM8350_I2C
/boot/config-2.6.33.3-85.fc13.x86_64:2747:warning: symbol value 'm' invalid for AB3100_CORE
/boot/config-2.6.33.3-85.fc13.x86_64:3748:warning: symbol value 'm' invalid for MMC_RICOH_MMC

 .config - Linux Kernel v2.6.35 Configuration
 qqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq
  lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq Linux Kernel Configuration qqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk
  x  Arrow keys navigate the menu.  <Enter> selects submenus --->.  Highlighted letters are hotkeys.  Pressing <Y>   x
  x  includes, <N> excludes, <M> modularizes features.  Press <Esc><Esc> to exit, <?> for Help, </> for Search.      x
  x  Legend: [*] built-in  [ ] excluded  <M> module  < > module capable                                              x
  x                                                                                                                  x
  x lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk x
  x x                        General setup  --->                                                                   x x
  x x                    [*] Enable loadable module support  --->                                                  x x
  x x                    -*- Enable the block layer  --->                                                          x x
  x x                        Processor type and features  --->                                                     x x
  x x                        Power management and ACPI options  --->                                               x x
  x x                        Bus options (PCI etc.)  --->                                                          x x
  x x                        Executable file formats / Emulations  --->                                            x x
  x x                    -*- Networking support  --->                                                              x x
  x x                        Device Drivers  --->                                                                  x x
  x x                        Firmware Drivers  --->                                                                x x
  x x                        File systems  --->                                                                    x x
  x x                        Kernel hacking  --->                                                                  x x
  x x                        Security options  --->                                                                x x
  x x                    -*- Cryptographic API  --->                                                               x x
  x x                    [*] Virtualization  --->                                                                  x x
  x x                        Library routines  --->                                                                x x
  x x                    ---                                                                                       x x
  x x                        Load an Alternate Configuration File                                                  x x
  x x                        Save an Alternate Configuration File                                                  x x
  x x                                                                                                              x x
  x mqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqj x
  tqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqu
  x                                         <Select>    < Exit >    < Help >                                         x
  mqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqj
3-1-1.802.1QとDCBの設定
Networking support  --->
Networking options  --->
 <M> 802.1Q VLAN Support
 [*]   GVRP (GARP VLAN Registration Protocol) support
 [*] Data Center Bridging support
3-1-2.QoS周りの設定
Networking support  --->
Networking options  --->
[*] QoS and/or fair queueing  --->
 <M>   Multi Band Priority Queueing (PRIO)
 <M>   Hardware Multiqueue-aware Multi Band Queuing (MULTIQ)
 <M>   Elementary classification (BASIC)
 <M>   Universal 32bit comparisons w/ hashing (U32)
 [*]   Extended Matches
 <M>     U32 key
 [*]   Actions
 <M>     SKB Editing
3-1-3.FCoEモジュール周りの設定
Device Drivers  --->
SCSI device support  --->
SCSI low-level drivers  --->
 {M}   LibFC module
 {M}   LibFCoE module
 <M>   FCoE module
3-1-4.10GbitDeviceのDCBの設定
Device Drivers  --->
Network device support  --->
Ethernet (10000 Mbit)  --->
 [*]     Data Center Bridging (DCB) Support
3-1-5.BlockLayerの設定
-*- Enable the block layer  --->
 [*]   Block layer SG support v4
3-1-6.【32bit版限定】HighMemSupportの設定
Processor type and features  --->
High Memory Support (64GB)  --->
 (X) off  
 ( ) 4GB  
 ( ) 64GB 
3-1-7.設定の保存

Exitにて最初の画面に戻ってください。
以下の項目を選択し保存してください。

 Save an Alternate Configuration File

保存が完了したら最初の画面に戻ってExitを選択すれば、元のプロンプトに戻ります。

3-2.Linux KernelのBuild
make bzImage && make modules && make modules_install && make install

!コメント1!
ガッツリ1時間半程度掛かります。
心の準備をしておいてください。
むしろ、TeraTermでログ取得しておいて、
以下のコマンド打ってみた方が良いかも?です。

date && make bzImage && make modules && make modules_install && make install && date && shutdown -h now
3-3.起動Kernelの選択
vi /boot/grub/menu.lst

ファイルを開いたら、以下の項目を0に設定

 default=1
 ↓
 default=0

!コメント1!
新Kernelが最初に起動されるように設定します。
Windowsライクに言うと"c:\boot.ini"を書き換える作業です。

3-4.再起動
shutdown -r now

4.scst,scstadmin,fcst,fcoeadmのインストール(コンパイル含む)

4-1.scstのインストール
cd /usr/src/scst/trunk/scst
make && make install
4-2.scstadminのインストール
cd /usr/src/scst/trunk/scstadmin
make && make install
4-3.fcstのインストール
cd /usr/src/scst/trunk/fcst
make && make install
4-4.fcoeadmのインストール
yum -y install fcoe-utils

!コメント1!
yumは絶対に使わない!」という漢な方は、"/usr/src/scst/trunk/fcst/README"の
7.Install the FCoE admin tools, including dcbd and fcoeadm.を参照してください。
私も何度かSrcからのコンパイルにチャレンジし成功しましたが、
本当にこれで大丈夫かなぁといった部分もあるので、手順としてはyumにしました。

5.VLANやHDDの設定とModuleの読み込み

!コメント1!
Linuxに精通した方は軽く読み飛ばしてください。

なお、VLAN設定はfcoe-utilsのインストール後に
"fipvlan -a"がどうしてもうまく動作せず、苦肉の策として掲載しています。
ちなみに、VLAN設定を実施しなくても、FCoE Targetとしての動作は可能です。
いわゆるTag無しVLAN(CiscoライクにはnativeVLAN)でもOKです。

5-1.VLANの設定*2
5-1-1.networkファイルの設定
vi /etc/sysconfig/network

以下の2行を追加

 VLAN=yes
 VLAN_NAME_TYPE=DEV_PLUS_VID_NO_PAD
5-1-2.ifcfg-ethxの設定
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

ファイルを開いたら以下のように設定

# Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection
DEVICE=eth1
HWADDR=00:1B:21:49:82:FA
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
MTU=2500

!コメント1!
MACアドレスやeth1など、適宜実環境に合わせて修正してください。

!コメント2!
MTU=2500がポイントです。
FCoEの通信時は、きちんとMTU=2112で通信されるので安心してください。

5-1-3.ifcfg-ethx.yyyの設定
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1.100

ファイルを開いたら以下のように設定

DEVICE=eth1.100
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
USERCONTROL="no"
INTERFACETYPE="vlan"
#IPADDR=192.168.100.116
#NETMASK=255.255.255.0

!コメント1!
上記はifcfg-eth1.100としていますが、
適宜、実環境に合わせて修正してください。
NIC=eth1のVLAN100という意味です。
Pcap(パケットキャプチャ)すれば、
802.1QのTag内に100が記載されています。

!コメント2!
IPアドレスやネットマスクは、"#"していますが、外しても問題ありません。
pingとfcpingを同時に試してみたいぜ!」という方は外してください。
説明は不要かと思いますが、Etherフレームの上に乗っかるProtocolが
IPとFCなのでVLAN100上にて同時通信させても問題ありません。


但し、IPアドレスを設定した場合、項番「7-4-1.NIC動作確認」にて
正常動作時の状態か?の判別が付き難くなることがあるため、
ここでは"#"を付けた状態=IPアドレス未設定状態を想定して進めます。

5-1-4.FCoEのcfg-ethx.yyyの設定
vi /etc/fcoe/cfg-eth1.100

ファイルを開いたら、以下をコピペしてください。

## Type:       yes/no
## Default:    no
# Enable/Disable FCoE service at the Ethernet port
FCOE_ENABLE="yes"

## Type:       yes/no
## Default:    yes
# Indicate if DCB service is required at the Ethernet port
DCB_REQUIRED="no"

## Type:        yes/no
## Default:     yes
# Indicate if VLAN discovery should be handled by fcoemon
AUTO_VLAN="no"

!コメント1!
DCB_REQUIRED="no"としている点がポイントです。
今回のNICではDCBの実装はHardware的に不可能なので。

5-1-5.FCoEのconfigの設定
vi /etc/fcoe/config

ファイルを開いたら、★の行を"yes"→"no"へ修正

## Type:       yes/no
## Default:    no
# Switch on/off debug messages (script & C code)
DEBUG="no"

## Type:       yes/no
## Default:    yes
# All the messages go to syslog and stderr (script & C code)
USE_SYSLOG="yes" ★
↓
USE_SYSLOG="no"

!コメント1!
動作的には問題無いのですが、fcoemonがdcb関連の設定ファイルを探して、
dmesや/var/log/messageにゴミLogを残すため"no"へ修正。

5-2.HDDの設定

!コメント1!
ここでは500GBのHDDのシリンダ数=60800として、
250GB*2つのパーティションに分割します。
すいません、説明は端折ります。
時間があれば詳細を記載するようにしますが、
詳細を早く知りたい方は以下のサイトなどでお勉強してください。
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0112.html

fdiskにて、以下のようなイメージでパーティションを切ってください。

fdisk /dev/sdb

m
p
n
p
1
30399
p
2
空Enter
空Enter
p
t
1
83
p
t
2
83
p
w

sfdisk -l /dev/sdb

!コメント2!
最終的にはこんな↓感じに仕上げてください。
"/dev/sdb1"と"/dev/sdb2"の2つのパーティションで構成されている想定で進めます。

sfdisk -l /dev/sdb

ディスク /dev/sdb: シリンダ数 60801、ヘッド数 255、63 セクタ/トラック
ユニット = 8225280 バイトのシリンダ、1024 バイトのブロック、0 から数えます

デバイス ブート 始点    終点 #シリンダ #ブロック  Id  システム
/dev/sdb1          0+  30399   30400- 244187968+  83  Linux
/dev/sdb2      30400   60800   30401  244196032+  83  Linux
/dev/sdb3          0       -       0          0    0  空
/dev/sdb4          0       -       0          0    0  空
5-3.Moduleの読み込み確認
5-3-1.libfc,libfcoe,fcoeのModuleの読み込み
/etc/rc.d/init.d/fcoe start
5-3-2.scst関連Moduleの読み込み
modprobe scst && modprobe scst_vdisk && modprobe scst_disk
5-3-3.fcst関連Moduleの読み込み
modprobe fcst

!コメント1!
上記5-3-2.の後、5秒程度待ってから"modprobe fcst"してください。
流し込みのように早過ぎるとfcstだけうまく読み込まれない場合があります。

5-3-4.Moduleの確認

以下のようなイメージでModuleが読み込まれればOKです。

lsmod

  Module                  Size  Used by
◆ fcst                   14292  0 
◆ scst_disk               8690  0 
◆ scst_vdisk             49497  0 
◆ scst                  344380  3 fcst,scst_disk,scst_vdisk
◆ fcoe                   15375  0 
◆ libfcoe                10524  1 fcoe
◆ libfc                  66050  3 fcst,fcoe,libfcoe
  ipv6                  219344  22 
  k10temp                 2443  0 
  i2c_nforce2             5574  0 
  i2c_core               20569  1 i2c_nforce2
  tg3                    97786  0 
★ e1000e                158454  0 
  microcode              10563  0 
  pcspkr                  1342  0 
  serio_raw               3316  0 
  qla2xxx               263249  0 
★ scsi_transport_fc      33685  3 fcoe,libfc,qla2xxx
  pata_acpi               2235  0 
★ scsi_tgt                8506  1 scsi_transport_fc
  ata_generic             2359  0 
  sata_nv                16359  4 

!コメント1!
特に重要なModuleには◆
重要なModuleには★
を付けてます。

5-3-5.一旦再起動
shutdown -r now

!コメント1!
MTUを変更してることもあり、ここいらで一旦Reboot
と言いつつ、再起動しないと先に進んでもしくじる=検証済み。

6.SCST設定とFCoE Target有効化設定

6-1.SCST設定
6-1-1.状況確認

以下のコマンドで状況確認

/usr/libexec/fcoe/fcc.sh

FC HBAs:
HBA       Port Name                Port ID   State     Device         

!コメント1!
このタイミングでは何も表示されなくてOK

6-1-2.Module読み込み

以下のコマンドにてModule読み込み

/etc/rc.d/init.d/fcoe start
modprobe scst && modprobe scst_vdisk && modprobe scst_disk
modprobe fcst
6-1-3.Module読み込み状況確認

Rebootしても5-3-4と同じだよね?ってことを確認してください。

lsmod

  Module                  Size  Used by
◆ fcst                   14292  0 
◆ scst_disk               8690  0 
◆ scst_vdisk             49497  0 
◆ scst                  344380  3 fcst,scst_disk,scst_vdisk
◆ fcoe                   15375  0 
◆ libfcoe                10524  1 fcoe
◆ libfc                  66050  3 fcst,fcoe,libfcoe
  ipv6                  219344  22 
  k10temp                 2443  0 
  i2c_nforce2             5574  0 
  i2c_core               20569  1 i2c_nforce2
  tg3                    97786  0 
★ e1000e                158454  0 
  microcode              10563  0 
  pcspkr                  1342  0 
  serio_raw               3316  0 
  qla2xxx               263249  0 
★ scsi_transport_fc      33685  3 fcoe,libfc,qla2xxx
  pata_acpi               2235  0 
★ scsi_tgt                8506  1 scsi_transport_fc
  ata_generic             2359  0 
  sata_nv                16359  4 
6-1-4.状況確認その2
/usr/libexec/fcoe/fcc.sh	

FC HBAs:	
HBA       Port Name                Port ID   State     Device         	
host7     20:64:00:1b:21:49:82:fa  -         Offline   eth1.100	

!コメント1!
Module読み込み後、HBAが認識されたことを確認してください。
また、Port Nameは次項で設定するWWPNとなるので、メモなどに控えておいてください。

6-1-5.SCST設定投入

以下のコマンドでTergetデバイスを設定

scstadmin -open_dev dev00 -handler vdisk_blockio -attributes filename=/dev/sdb1
scstadmin -add_lun 0 -driver fcst -target 20:64:00:1b:21:49:82:fa -device dev00

scstadmin -open_dev dev01 -handler vdisk_blockio -attributes filename=/dev/sdb2
scstadmin -add_lun 1 -driver fcst -target 20:64:00:1b:21:49:82:fa -device dev01

!コメント1!
簡単に説明を入れようと考えましたが、
コマンド投入後の出力結果に説明が記載されているので、
出力結果を以下に記載します。


以下のコマンド投入後、

scstadmin -open_dev dev00 -handler vdisk_blockio -attributes filename=/dev/sdb1

以下のメッセージが表示されればOK

Collecting current configuration: done.
-> Making requested changes.
	-> Opening device 'dev00' using handler 'vdisk_blockio': done.
	-> Done.
All done.


以下のコマンド投入後、

scstadmin -add_lun 0 -driver fcst -target 20:64:00:1b:21:49:82:fa -device dev00

以下のメッセージが表示されればOK

Collecting current configuration: done.
-> Making requested changes.
	-> Adding device 'dev00' at LUN 0 to driver/target 'fcst/20:64:00:1b:21:49:82:fa': done.
	-> Done.
All done.

!コメント2!
「WWPN=20:64:00:1b:21:49:82:fa」の構成を記載しておきます。
結構重要ですw

2                   決まり文句(WWNNの場合は「1」)
0:64                16進数表記のVLAN番号(256*0+16*6+1*4=100)※
00:1b:21:49:82:fa   NICのMACアドレス
 ※
 例えば、拡張VLANの場合、
 VLAN4010=f:aa({256*15}+{16*10}+{1*10}=4010)となる。

!コメント3!
「Zoningしたいぜ!」って方は、こんな感じでイケます。

scstadmin -open_dev dev00 -handler vdisk_blockio -attributes filename=/dev/sdb1
scstadmin -add_group host00 -driver fcst -target 20:64:00:1b:21:49:82:fa
scstadmin -add_lun 0 -driver fcst -target 20:64:00:1b:21:49:82:fa -group host00 -device dev00

後はscstadminのmanやREADMEを読みつつ想像しながら格闘してください。
iscsiやqla2x00tについては、そこそこサンプルコマンドが記載されているのですが、
fcstは一切記載や説明が無く、上記はTry&Errorで確認したSyntaxなので。
でも「VLAN別ければ、Zoningしなくてもいいんじゃねぇ?」と思ってしまう。
Initiatorを明示的に指定するなら別だけど。

6-1-6.SCST設定保存

以下のコマンドで設定を保存

scstadmin -write_config /etc/scst.conf
6-1-7.SCST設定の確認

以下コマンドで保存したファイルを確認します。

vi /etc/scst.conf

"/etc/scst.conf" 22L, 267C# Automatically generated by SCST Configurator v2.0.0.

HANDLER vdisk_blockio {
	DEVICE dev00 {
		filename /dev/sdb1
	}
	DEVICE dev01 {
		filename /dev/sdb2
	}
}

TARGET_DRIVER fcst {
	TARGET 20:64:00:1b:21:49:82:fa {
		enabled 0
			LUN 0 dev00
			LUN 1 dev01
		}
}
6-2.FCoE Target有効化設定
6-2-1.WWPNのディレクトリ確認
ls -Fal /sys/kernel/scst_tgt/targets/fcst

合計 0
drwxr-xr-x 3 root root 0 2010-10-25 23:33 ./
drwxr-xr-x 3 root root 0 2010-10-25 23:33 ../
drwxr-xr-x 5 root root 0 2010-10-25 23:33 20:64:00:1b:21:49:82:fa/

*1:今度手順をアップしますね。

*2:VLAN Interface設定と同じ手順です。